/

12月の米景気先行指数、0.8%上昇 景気拡大続く

【ワシントン=長沼亜紀】米調査会社コンファレンス・ボードが21日発表した2021年12月の景気先行指数(2016年=100)は120.8で、前月から0.8%上昇した。前月の0.7%(改定値)に続き、強い上昇を維持した。

上昇率はダウ・ジョーンズまとめの市場予測と一致した。コンファレンス・ボードは「指数は上昇基調にあり、春にかけて景気拡大が続くことを示している」と指摘。その上で1~3月期の経済成長率は、新型コロナウイルスの変異型の感染拡大、労働力不足、インフレ、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ見込みが逆風となり、年率換算で2.2%になると予測した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン