/

この記事は会員限定です

バイデン政権、米産業界との微妙な距離感(NY特急便)

米州総局 清水石珠実

[有料会員限定]

21日の米ダウ工業株30種平均は、前日比12㌦安の3万1176㌦で終えた。引けにかけて利益確定の売りに押され、連日で最高値更新とはならかなった。一方で、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は、来週に決算発表を控える米アップルの上振れ期待で最高値を連日で更新した。バイデン政権誕生2日目にもかかわらず、ダウ平均の上値が重い背景には、政権と産業界の微妙な距離感が垣間見える。

20日、日中に就任式を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン