/

5月の米中古住宅販売、4カ月連続減でも価格は過去最高

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=大島有美子】全米不動産協会(NAR)が21日発表した5月の中古住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は541万戸となり、前月から3.4%減った。4カ月連続の減少で、新型コロナウイルス禍の販売減に見舞われていた2020年6月以来の低水準となった。在庫が少ないなかで価格は上がり続けており、ローン金利の上昇と合わせて住宅を購入しにくい状況に拍車がかかっている。

販売件数は前年同月比でみると8.6%減った。直近では22年1月(649万戸)をピークに減り続けている。

販売減速の最大の要因は住宅ローン金利の上昇だ。米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が16日更新したデータによると、30年固定の住宅ローン金利(週平均)は5.78%となり、前週から0.55%上昇した。08年11月以来の高水準で、1年間で約2倍に上昇した。急ピッチなローン金利の上昇で元利金の支払い負担が高まっており、ローン申請件数も減少している。

NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏は先行きについて「ローン金利の急上昇が向かい風となり、今後数カ月、住宅販売はさらに減少するだろう」とみる。

一方、販売価格(中央値)は40万7600ドル(約5550万円)で過去最高を更新した。前年同月比では14.8%の上昇だ。供給不足が解消されておらず、値上がりが続いた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン