/

この記事は会員限定です

米ワクチン接種2億回超 根強い「拒否層」、課題に

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=野村優子】米国で新型コロナウイルスのワクチン接種が重要な局面を迎えている。バイデン大統領は21日、就任100日後までに2億回接種するとの目標を前倒しして達成する見通しを示した。一方、ワクチンの希望者は今後2~4週間で接種を終え、ペースが頭打ちになる懸念もある。接種を拒否する層は根強く、ウイルスの流行が収まる「集団免疫」の獲得が遠のく可能性もある。

バイデン氏は21日、就任後のワクチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン