/

バイデン大統領がコロナ陽性 軽症、隔離で執務

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=中村亮】米ホワイトハウスは21日の声明で、バイデン大統領が新型コロナウイルスの検査で陽性になったと発表した。症状について「とても軽度」と指摘し、重症化を防ぐ飲み薬の服用を始めた。当面は隔離しながら執務を続ける。

ホワイトハウスによると、バイデン氏は21日午前の検査で陽性になった。19日の検査では陰性だった。米ファイザーの飲み薬「パクスロビド」を使っている。バイデン氏は2回の追加接種(ブースター接種)を含めて新型コロナのワクチンを接種済みだ。

ホワイトハウスのアシシュ・ジャー新型コロナ対策調整官は21日の記者会見で、バイデン氏は鼻水やからせきの症状があると明らかにした。20日夜には倦怠(けんたい)感があり、よく眠れなかったという。バイデン氏は20日、東部マサチューセッツ州で遊説していた。

79歳のバイデン氏は米国の大統領として史上最高齢だ。ジャー氏はバイデン氏が高齢であることを問われて「ワクチンから得る免疫力や治療を踏まえると深刻な病気のリスクは著しく下がる」と説いたが、健康を不安視する声が高まる可能性がある。

バイデン氏はツイッターに20秒ほどの動画を投稿し「問い合わせや心配をしてくれて本当にありがとう」と強調。「体調は良くて多くの仕事を終わらせた。執務を続けていく」と言及した。「大丈夫だろう」とも話した。

バイデン氏は21日午前、ホワイトハウスのスタッフと電話でやりとりした。内部の会議には電話とオンライン形式で参加する予定だという。検査で陰性になれば、対面での執務を再開する計画だ。

米国のトランプ前大統領は2020年10月に新型コロナに感染し、首都ワシントン郊外の米軍医療施設に入院した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン