/

米豪首脳、対中国へ欧州と協力 潜水艦問題の火消し急ぐ 

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
21日、バイデン米大統領(右)とモリソン豪首相は欧州との関係修復に意欲を示した(ニューヨーク)=AP

【ニューヨーク=中村亮】バイデン米大統領は21日、オーストラリアのモリソン首相、ジョンソン英首相とそれぞれ会談した。米ホワイトハウスによると、両首脳と中国との競争を念頭に欧州と協力を深める考えで一致した。豪州の原子力潜水艦配備をめぐり悪化したフランスなどとの関係の立て直しを急ぐ。

モリソン氏はニューヨークでバイデン氏と会談し「我々の協力は東南アジア諸国連合(ASEAN)や欧州の多くの友好国に関わる」と述べた。豪州が米英の支援を受けて原潜を配備し、中国に対する抑止力が高まれば欧州やアジアにも恩恵が及ぶとの見方を示すものだ。バイデン氏は「我々の協力は世界中のあらゆる民主国家(の利益)と合致する」と応じ、モリソン氏に同意した。

バイデン氏はホワイトハウスでジョンソン氏とも会談し、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)との関係深化について協議した。バイデン氏は国連総会の一般討論演説でもEUについて「世界が直面する幅広い問題に対処するうえで重要なパートナーだ」と強調し、関係修復へ秋波を送った。

豪州は潜水艦配備に向けた協力国をフランスから米英に突然切り替え、仏が猛反発している。サキ米大統領報道官は21日、ワシントンに向かう大統領専用機内で記者団に対し、バイデン氏がマクロン仏大統領と近く電話協議を行うと改めて説明した。

ASEANにも豪州の原潜配備がインド太平洋地域での軍拡競争につながると懸念する声があがっている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン