/

この記事は会員限定です

米議会、太平洋外交強化へ相次ぎ新法案

超党派、アジア重視維持促す 5年で大使館新設探る

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米議会でアジアへの関与拡大を目指す法案や決議案の提出が相次いでいる。太平洋諸国との関係強化に向けて5カ年計画の策定をバイデン政権に求めたり、台湾への武器支援の拡大を目指したりする内容だ。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの対応を政権が迫られるなか、アジア重視を維持するよう重ねて促す狙いがある。

民主党のアミ・ベラ下院議員と共和党のスティーブ・シャボット下院議員は「インド太平洋関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン