/

この記事は会員限定です

米、気候リスク開示で日欧と足並み エネ増産で反対論も

[有料会員限定]

米国が上場企業を対象に気候変動リスクの開示義務付けに乗り出す。米証券取引委員会(SEC)が21日、新しい開示規則を提案した。時価総額で世界最大の米国が先行する欧州や日本と足並みをそろえ、開示様式の標準化に一歩近づいた。一方、エネルギーの安定確保が課題になるなか、原油・ガス増産の足かせになるとして、導入に反対する声もある。

SECの新しい開示案では①気候変動リスクが経営に与える影響②リスク管理体制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1634文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン