/

この記事は会員限定です

Google幹部、AIの人知超え「前倒しも」 量子計算機で

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米グーグルの量子人工知能(AI)研究部門を率いるエンジニアリングディレクター、ハルトムート・ネベン氏が日本経済新聞などの取材に応じた。2029年の完成を目指している実用的な量子コンピューターの開発状況を説明し、AIの能力が人類の知能を超える「シンギュラリティー」の到達が早まる可能性に言及した。

同社は13年に次世代の高速計算機である量子コンピューターの開発を進めていると公表し、19年には性能が最先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン