/

バイデン氏「正義へ大きな一歩」、有罪評決を評価

バイデン米大統領は有罪評決を評価した=ロイター

【ワシントン=永沢毅】バイデン米大統領は20日、黒人男性の暴行死事件を巡る有罪評決を受けて「米国の正義に向けて大きな一歩になり得る」と評価した。ホワイトハウスでの国民向けテレビ演説で語った。死亡したジョージ・フロイドさんの家族と評決後に電話したことも明らかにした。

バイデン氏は「これで仕事が終わったと考えて目をそらしてはいけない。制度に根ざした人種差別、不平等に立ち向かわなくてはならない」との認識を示し、実力行使を規制するなど警察改革の必要性を訴えた。同氏は20日午後に予定していたインフラ整備に関する演説をキャンセルし、全米が注目した評決を見守った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン