/

トランプ氏がNY州長官提訴 捜査中止を要求

【ニューヨーク=共同】トランプ前米大統領(共和党)と同氏関連企業は20日、東部ニューヨーク州のジェームズ司法長官(民主党)が続ける詐欺容疑での刑事捜査と関連の民事調査で人権を侵害されたとして、州北部地区の連邦地裁に対し、ジェームズ氏に刑事捜査と民事調査の中止を命じるよう求め提訴した。

ジェームズ氏側は、トランプ氏の関連企業が不動産価格を不正に計上したとする民事の詐欺案件で、トランプ氏を来月7日に召喚するよう裁判所に求めている。

訴状によると、ジェームズ氏が政敵と見なすトランプ氏に「嫌がらせや威嚇、報復をしたがっている」と主張。「ばかげた魔女狩り」のために「州司法長官の捜査・調査権を悪用し、憲法で保障された生存、自由、財産の権利を侵害した」と訴えた。

また数々の召喚状により「トランプ氏の政治生命を終わらせようとしている」とした。

ジェームズ氏は声明で「トランプ氏が捜査・調査(の行方)に影響を及ぼすことはない」として、引き続き調べを続ける姿勢を明らかにした。

ジェームズ氏は2019年3月からトランプ氏関連の民事の調査を実施。ジェームズ氏とニューヨーク州地検は刑事捜査も続けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン