/

この記事は会員限定です

米小売り、好決算でも株価下落の謎(NY特急便)

米州総局 白岩ひおな

[有料会員限定]

20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発した。米長期金利が低下し、高PER(株価収益率)のハイテク株が買われた。前日に急落した暗号資産(仮想通貨)のビットコイン価格も反発した。

今週は米小売企業の決算発表が相次いだ。米政府による1人1400ドル(約15万2000円)の追加給付で追い風が吹き、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった直後の前年同期からの反動もあり、市場予想を大きく上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン