/

日米高官、首脳協議を調整 ウクライナ情勢も議題

(更新)

【ワシントン=坂口幸裕】米ホワイトハウスは20日、秋葉剛男国家安全保障局長とサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)が電話で話したと発表した。岸田文雄首相とバイデン大統領が21日にオンライン形式で協議する中国や北朝鮮への対処などの議題を調整した。ロシアによる威嚇で緊迫するウクライナ情勢も話し合った。

20日の声明では「日米同盟の重要な課題や北朝鮮、中国、インド太平洋の経済問題への取り組みについて議論した」と記した。サリバン氏は2014年に続きウクライナに侵攻する可能性があるロシアの行動に懸念を表明した。 両氏はいかなる攻撃があってもロシアに結束して対応するのが重要との認識で一致した。

サキ大統領報道官は20日の記者会見で「バイデン氏は首相との協議を楽しみにしている」と述べた。「日米同盟をさらに強化し、経済などの結びつきを深め、安全保障を含む自由で開かれたインド太平洋のビジョンを推進したい」と語った。

21日のオンライン協議は岸田政権発足後、日米首脳が初めて一定の時間を確保して話す場となる。中国が威圧的行為を繰り返す台湾海峡での有事のリスクに備え首脳間で意見をすりあわせる。日米両政府は協議終了後に共同での成果文書を発表する方向で調整している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン