/

米黒人暴行死事件、殺人罪などで白人元警察官に有罪評決

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=白岩ひおな】米中西部ミネソタ州ミネアポリスで2020年5月に起きた黒人男性ジョージ・フロイドさんの暴行死事件を巡る裁判で、白人元警官のデレク・ショービン被告に対して20日、陪審団は第2級殺人罪など問われていた全ての罪で有罪評決を言い渡した。全米で人種差別への抗議運動が広がるきっかけとなった歴史的事件に審判が下ったことで、差別の是正にもつながりそうだ。

意図的な暴行で死亡させた第2級殺人、著しく危険な行為で死亡させた第3級殺人、過失致死の3つでそれぞれ有罪と認定した。白人6人、黒人4人を含むマイノリティー6人の計12人で構成される陪審員が約10時間の評議を経て、満場一致で有罪の評決を下した。被告は無罪を主張していた。量刑は裁判官が今後決定するが、第2級殺人罪は最高40年の禁錮刑が科される。

亡くなったジョージ・フロイドさんの弟のフィロニス・フロイドさんは評決後「アフリカ系米国人や有色人種にとっての正義を知ることができた記念すべき日だ。これからも戦い続ける」と語った。

19日、黒人男性フロイドさんの暴行死事件の裁判で最終弁論が行われるヘネピン郡政府センターを警備する州兵ら=ロイター

同州地裁前に集まった人々は有罪の評決を受け、歓声とともにジョージ・フロイドさんの名前を合唱した。黒人男性の一人は「正しい道に向かう第一歩であり、世界への前向きなメッセージになる」と歓迎した。3月29日に始まった公判は19日に最終弁論を終えた。

バイデン大統領とハリス副大統領は評決後、ジョージ・フロイドさんの遺族に電話でメッセージを伝えた。バイデン氏は「全てがただちに解決するわけではないが、少なくとも今ここには正義がある」と語った。ハリス氏は「この悲劇から何か良いものを生み出すつもりだ」と述べた。オバマ元大統領は「多くの人々が拒まれてきた正義を、全ての米国人に保証しようとする人々と心を共にする」との声明を発表した。

評決前には3000人以上の州兵や警察官、州警察、保安官などの法執行関係者が厳戒態勢で警備にあたった。裁判所は柵や鉄条網で覆われ、周辺の企業は治安の悪化に備えて封鎖された。評決次第では暴動・略奪を含む抗議活動が起きる可能性が指摘されていた。

19日の最終弁論で検察側は、ショービン被告が手錠をかけられたフロイドさんの首を9分29秒にわたり膝で押さえつけたと指摘した。フロイドさんが「息ができない」と繰り返した事件当時の映像を示し、陪審員に「あなたの良識に従い、自身の目で見て感じたことを信じてほしい」と語りかけた。

「世界が見ている」と書かれた横断幕を掲げ、有罪の評決を求めるデモ参加者(19日、ミネソタ州ミネアポリス)=ロイター

一方、弁護側はフロイドさんが複数の警官に抵抗したことなどを説明し「合理的な警察官ならば誰でもしたであろうことをした」と訴えた。映像についても、一場面ではなく全体像を把握すべきだと陪審員に求めた。

「世界が見ている」。最終弁論後には約300人のデモ参加者が有罪判決を求める横断幕を掲げ、裁判所の外で事件に抗議の声を上げた。歴史的な法廷論争の様子は大手メディア各社が生中継で伝えた。

事件の映像は当時、SNS(交流サイト)で世界に拡散され、警察の暴力や黒人の人種差別に抗議する「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命は大切だ)」運動が全米に広がった。今回の司法判断を受け、警察の暴力や人種差別の是正に向けた議論の進展が期待される。

黒人男性ダンテ・ライトさんの殺害事件に抗議するデモ隊に対し、柵ごしにペッパースプレーを構える警官隊(14日、ミネソタ州ミネアポリス郊外)=ロイター

米国では警官が関与した殺人は年間約1000に上る。ただ、警官が職務中に人を殺しても、殺人罪や過失致死罪で起訴されることはまれだ。ボウリング・グリーン州立大学(オハイオ州)の警察犯罪に関するデータベースによると、05~15年の間に殺人または過失致死で起訴された警官は200人にとどまった。

黒人が警官に殺害される事件はその後も起きており、問題は根深い。現場の約10マイル(約16キロメートル)先のミネアポリス郊外では11日、黒人男性ダンテ・ライトさんが警官に射殺される事件が起きたばかりだ。市民の怒りは大規模な抗議デモにつながり、一部は暴徒化した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン