/

トランプ氏、ホワイトハウス離れる 「また戻ってくる」

(更新)

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は20日朝(日本時間20日夜)、ホワイトハウスを離れた。バイデン次期大統領の就任式に出席せず、別荘に向かった。退任式典で「さようなら。私たちは何らかの形で戻ってくる」と述べ、政治活動の継続に意欲を表した。

トランプ氏は米東部時間午前8時13分(日本時間20日午後10時13分)、メラニア夫人と手をつないで出入り口から姿を現し、大統領専用ヘリコプター「マリーンワン」に乗り込んだ。ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地に移動して、集まった家族や支持者を前に退任式を開いた。

退任式では減税や規制緩和など「多くのことをなし遂げた」と演説し、1期4年の成果を自賛した。2020年11月の大統領選を巡り「現職大統領として史上最多の票を獲得した」と強調した。バイデン氏の名前を挙げずに「新政権の幸運と成功を祈る」と語った。「近いうちに会おう」と締めくくった。

式典後、大統領専用機で南部フロリダ州の別荘に向かった。異端の大統領は選挙結果を拒み続け、後任にも直接引き継ぐことなく、4年の職務を終えた。

まるわかりバイデン政権始動へ

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン