/

米モルガン10~12月期、純利益51%増 投資家の売買活況

ニューヨークのモルガン・スタンレー本社=ロイター

【ニューヨーク=宮本岳則】米金融大手モルガン・スタンレーが20日発表した2020年10~12月期決算は、純利益が前年同期比51%増の33億ドル(約3400億円)となった。投資家の売買が活況で、取引を仲介するトレーディング業務が好調だった。

事業会社の売上高に相当する純営業収益は同26%増の136億ドルだった。部門別ではトレーディング業務が同32%増の42億ドル。顧客の株式と債券の取引が活発で、手数料収入が伸びた。株式では特に金融派生商品(デリバティブ)取引が堅調だった。

投資銀行業務の営業収入も46%増と好調だった。米国の新規株式公開(IPO)市場が活況で、株式引受業務に追い風が吹いた。M&A(合併・買収)の完了案件が増え、助言手数料収入が入ってきたことも増収に寄与した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン