/

この記事は会員限定です

パリ協定復帰に署名へ バイデン氏、初日に大統領令連発

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】バイデン新米大統領は就任初日の20日、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰など7分野で20項目近くの大統領令に署名する。バイデン陣営が同日明らかにした。トランプ政権が強めた移民制限なども一部撤回し、政権交代を印象づける狙いがある。

大統領令を発令するのは①新型コロナウイルス対策②家計への支援③気候変動④人種間の平等――など7分野。具体的には、コロナ対策として今後100...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン