/

この記事は会員限定です

コロナ禍で南米左派伸長 チリ大統領にTPP慎重派

[有料会員限定]

【サンティアゴ=宮本英威】南米チリで19日に行われた大統領選の決選投票で、左派のガブリエル・ボリッチ下院議員(35)が勝利した。格差是正を訴え、若者や都市部からの支持を集めた。環太平洋経済連携協定(TPP)の批准には消極的で、自由貿易を重視してきた同国の通商政策の転換点となる可能性がある。南米では新型コロナウイルスの感染拡大で貧困層が増えており、左派が勢いを増している。

「少しずつ正義の国をつく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン