/

この記事は会員限定です

ペルー大統領選、ケイコ氏敗北 3度挑戦も好機生かせず

[有料会員限定]

【ニューヨーク=外山尚之】ペルーのフジモリ元大統領の長女のケイコ・フジモリ氏は19日、6月に実施された大統領選の決選投票での敗北を受け入れた。急進左派的なペドロ・カスティジョ氏への警戒感が追い風となったが、好機は生かせなかった。

「法と憲法に従う」。ケイコ氏は19日、記者会見で時折笑みを交えながらこう話し、敗北を宣言した。同氏はこれまで「不正があった」と主張し、敗北を認めてこなかった。

2011年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン