/

米、ロシアと関係改善探る 対中国シフトへ布石

19日、ブリンケン米国務長官(左)はロシアのラブロフ外相との会談で「双方の指導者が協力すれば世界はより安全になる」と述べた(アイスランドのレイキャビク)=AP

【ワシントン=中村亮】バイデン米政権がロシアとの関係悪化に歯止めをかけるため対話姿勢を強めている。米国は19日、ロシアとの外相会談のタイミングにあわせ、ロシア産天然ガスの輸出を妨げる経済制裁の発動を見送った。ロシアとの関係を安定させて「唯一の競争相手」と位置づける中国への対応に集中する狙いがある。ロシアも対米関係を改善させ、中国に対する外交的立場を高めたい狙いだ。

「双方の指導者が協力すれば世界はより安全になる」。ブリンケン米国務長官は19日、アイスランドで開いたロシアのラブロフ外相との会談で力説した。ラブロフ氏は会談後、記者団に「建設的だった」と評価した。

バイデン米大統領がプーチン大統領に提案した首脳会談開催の発表は見送られたが、ラブロフ氏は「今後の(2国間関係)是正の道筋については、米ロ両大統領が決める」と語った。近くサリバン米大統領補佐官とパトルシェフ・ロシア安全保障会議書記が会談し、首脳会談に向けた調整を進める見通しだ。

バイデン米政権は3月以降、ロシア政府による人権侵害などを理由に経済制裁を相次いで発動した。バイデン氏はプーチン氏について「人殺しだ」との認識を示し、米ロ関係は一段と冷え込んだ。しかしバイデン氏は4月中旬の電話協議でプーチン氏に首脳会談を提案。ロシアによる人権侵害や選挙介入、サイバー攻撃などには引き続き厳しく対処しつつも、対話を模索する姿勢に転じた。

スティーブン・パイファー元駐ウクライナ米大使はバイデン政権の対ロ外交について「中国を最大の課題と位置づけるのであれば、ロシアと安定的関係を構築することは合理的だ」と評価する。ロシア軍は3月、ウクライナとの国境付近で部隊を大幅に増強。ロシアが2014年に続いてウクライナ侵攻に踏み切れば、バイデン政権は米軍や予算を欧州防衛のために割かざるをえず、南シナ海などで戦力を強める中国への対応にさらに注力するのが難しくなる。

米国のトランプ前政権下で中国とロシアは反米を軸に安全保障や経済分野で関係を深めた。中ロ両軍は20年12月、日本海と東シナ海の公海上空で合同パトロールを実施し、周辺国に懸念が広がった。新アメリカ安全保障センターのアンドレア・ケンドルテイラー上級研究員は「ロシアの対中傾斜に歯止めをかけるため、米国は分野によってロシアとの協力を模索すべきだ」との見方を示す。

米国務省は19日、ドイツとロシアを結ぶガスパイプライン計画(ノルドストリーム2)をめぐる制裁の一部について発動を見送ると明らかにした。ロシアはガス輸出拡大につながる計画の完了へ前進した。ロイター通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は発動見送りの事前報道について「(米ロ関係に)前向きなシグナルだ」と述べていた。

ロシアのプーチン政権は9月の下院選や24年の次期大統領選に向け、米国が野党勢力への支持などを通じて内政への介入を強めることを警戒している。対米関係の悪化に歯止めをかけることで、米国に野党勢力への積極的な支援を控えさせる思惑もあるようだ。

核軍縮や中東情勢など相互に利益のある問題において協力の枠組みをつくり、ロシアの存在感を高める狙いも透ける。一部でも米ロの協調を演出できれば、米国と対立を深める中国に対する外交的立場が高められるとの計算もある。

ただ、バイデン政権が対ロ関係の改善を目指しても、中ロの接近を止めるのは難しい。中ロは強権的体制の維持、天然資源の供給などで国益が一致しており、経済関係も深まっている。中国側の統計によると、今年の1~4月の中ロの貿易額は前年同期比19.8%増の402億1千万㌦(約4兆4千億円)で過去最高だった。

米議会ではロシアとの対話路線への反発も強まっている。ノルドストリーム2の制裁発動の見送りに関しても、身内である与党・民主党のロバート・メネンデス上院議員(外交委員長)が「計画完了を永久に阻止すべきだ」と言明。バイデン政権の判断を強く批判した。

オバマ政権は米ロ関係の「リセット」を掲げて対話を志向したが、ロシアによるウクライナ侵攻で関係は悪化の一途をたどった。トランプ前大統領は対ロ融和を探ったが、議会の猛反発を受けて結果的に強力な経済制裁を発動せざるをえなくなった経緯がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン