/

米テスラ、ヒト型ロボット開発へ 技術説明会でCEO表明

【シリコンバレー=白石武志】米テスラは19日、ヒト型ロボットの開発に乗り出す考えを明らかにした。電気自動車(EV)の運転支援機能に使うのと同じ半導体やソフトウエアを使い、2022年内にプロトタイプの完成を目指すという。技術者らの知的好奇心を刺激する構想を示すことで、人工知能(AI)やロボット分野の優れた人材を集める狙いとみられる。

19日に米カリフォルニア州の本社で開いた技術説明会「AIデー」でイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が表明した。「テスラ・ボット」と名付けたヒト型ロボットの高さは約172センチメートル、重さは約57キログラム。車の修理や食料品の買い出しなど、危険であったり退屈であったりする繰り返し作業を人に代わってこなすことを目指すという。

自動車メーカーではトヨタ自動車ホンダもヒト型ロボットの開発に取り組んできた。テスラは自社技術の高さを示す狙いとみられるが、現時点では話題集めが主な目的とみられる。説明会の参加者から事業戦略上の位置付けを尋ねる質問も上がったが、マスク氏は「実際に見てみないと分からない」とはぐらかし、会場では笑いも起きた。

19日に開いたAIデーでは同社の技術者らが相次いで登壇し、自動運転技術の実現に向けたソフトや半導体の開発状況などについても説明した。マスク氏はイベントについて「最高のAI人材をテスラに入社させることが唯一の目的だ」と事前に明らかにしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン