/

この記事は会員限定です

Slack買収の舞台裏 「本気なら1+1が7に」

バターフィールドCEOに聞く

[有料会員限定]

【シリコンバレー=佐藤浩実】2020年も活況だったM&A(合併・買収)。ソフトウエア分野で最大となったのが米セールスフォース・ドットコムによる米スラック・テクノロジーズの買収だ。277億ドル(約2兆8900億円)に上る買収劇の裏にはどんなやり取りがあったのか。スラックのスチュワート・バターフィールド最高経営責任者(CEO)が取材に応じた。

買収を逆提案

「事業を買収したいと思っている」。バターフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2003文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン