/

この記事は会員限定です

テスラ大解剖 EV時代の巨人か虚人か

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

昨年1年で8倍に上昇、年明けも騰勢を強めていたテスラ株にもさすがにブレーキがかかった。25日には900ドルの最高値をつけたが、2020年12月期決算を発表した27日には時間外取引で前日終値比7%安の820ドルまで下げた。28日の終値は835ドルだった。

20年12月期の純利益は7億2100万ドルと初の通期黒字を達成。20年の電気自動車(EV)の販売台数は前年比36%増の49万9647台と当初目標を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4214文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン