/

FRB、3回連続の0.75%利上げ 年末4.4%で景気に試練

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
【この記事のポイント】
・政策金利3%超に、リーマン危機以前の水準に引き上げ
・年末見通しは3.4%から4.4%へ、大幅に上方修正
・利上げの到達点は4.6%、24年から利下げも視野

【ワシントン=高見浩輔】米連邦準備理事会(FRB)は21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%の利上げを決めた。通常の3倍の利上げ幅で、6月に約27年ぶりに実施してからは3会合連続となる。高インフレの長期化を回避するための急ピッチの金融引き締めにより、景気の悪化懸念は一段と強まりそうだ。

短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は3.00~3.25%となった。3%を超えるのはリーマン危機前だった2008年1月以来、約14年半ぶり。金利先物市場は前日までに0.75%の利上げを8割程度織り込んでおり、一部には1%の大幅利上げを予想する声もあった。

同時に公表したFOMCの参加者による22年末時点での政策金利見通しは中央値が4.4%となった。6月の前回見通しは3.4%だった。年内に予定される残り2回の会合で計1.25%の追加利上げが必要になるため、11月の次回会合でも0.75%の利上げが有力視される。ただ参加者19人のうち8人は年内に計1%の追加利上げを予想しており、大幅利上げの継続には慎重な見方もある。

23年末時点の政策金利見通しは4.6%と、前回見通しの3.8%から引き上げた。パウエル議長は早期の利下げ転換に慎重な姿勢を強調しており、これが利上げの到達点を示す公算が大きい。24年末は3.9%、25年末は2.9%とした。

前回3.9%だった23年末の失業率見通しは4.4%に、2.6%としていた個人消費支出(PCE)物価指数の上昇率は2.8%にそれぞれ上方修正した。前回見通しより景気が悪化し、インフレが長期化する見通しになっている。23年10~12月の実質国内総生産(GDP)が前年同期でマイナスに陥ると予測する参加者も出た。

同日記者会見したパウエル議長は、FOMCの参加者がインフレがさらに根強くなる可能性があるとみていることを明かしたうえで「ソフトランディング(経済の軟着陸)を達成しながら物価の安定を回復するのは本当に難しい」と話した。「(利上げの)プロセスが景気後退につながるかどうか、それがどの程度になるかは誰にもわからない」とも述べた。

パウエル議長は8月の経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」での講演でインフレ抑制について「やり遂げるまでやり続けなければならない」と強い決意を表明していた。21日の記者会見でも「メッセージは変わっていない」と述べ、景気が減速しても早期に利下げに転じることはないと強く示唆した。「金利の上昇や経済成長の鈍化、労働市場の減速はすべて国民にとって痛みを伴う。だがそれは物価の安定を取り戻すことに失敗するほどの痛みではない」と改めて強調した。

8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.3%上昇した。約40年半ぶりの伸び率となった6月の9.1%からは2カ月連続で鈍ったが、勢いは市場の予測を上回っている。FRBが重視するPCE物価指数も7月は6.3%上昇と高い水準だった。

FRBは3月に0.25%の利上げでゼロ金利政策を解除して以降、6月にかけて利上げ幅を拡大してきた。7月に0.75%の利上げを決めた際は、9月から利上げ幅を縮小するシナリオを視野に入れていたが見通しは不透明さを増している。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン