/

Apple、新型iPad Pro5月発売 自社開発半導体M1を搭載

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=白石武志】米アップルは20日にオンラインで開いたイベントで、タブレット端末「iPad Pro」の新モデルを5月後半に発売すると発表した。価格は799㌦(日本での価格は税込み9万4800円)から。同社が自社で設計開発したパソコン向けの半導体を搭載し、画像処理などの性能を高めた。

ProはiPadシリーズの最上位機種で、新モデルの発表は約1年ぶり。従来機種ではスマートフォン「iPhone」向けの半導体を改良した「A12Z」を搭載していた。2020年10月に発売した下位機種の「iPad Air」がより新しい世代の半導体「A14」を採用したことで、Proとの性能差が縮まっていた。

5月後半に発売するProの新モデルでは、アップルが自社で設計開発し20年からノートパソコン「MacBook」シリーズなどに搭載を始めた半導体「M1」をiPadシリーズに初めて搭載した。CPU(中央演算処理装置)の処理能力は従来モデルの1.5倍といい、大容量のファイルを扱う動画・音楽編集ソフトなどが動作しやすくなる。

画面サイズは11インチと12.9インチの2種類で、12.9インチモデルについてはバックライトに微細な発光ダイオード(LED)を敷き詰めた「ミニLED」と呼ぶ新技術を採用し、画質を高めた。携帯電話網に接続できる「セルラーモデル」については高速通信規格「5G」に対応させた。

新型iPad Proは4月30日からオンラインなどで予約注文を受け始め、5月後半に発売する。11インチモデルの価格は799ドルからと、従来モデルから据え置いた。日本での価格は9万4800円(税込み)からとなる。12.9インチモデルは1099ドルからで、日本では12万9800円から。

デスクトップパソコン「iMac」の新モデルでは7色を用意した

アップルは同日、デスクトップパソコン「iMac」の新モデルを5月後半に発売すると発表した。従来モデルでは米インテル製の半導体を搭載していたが、新モデルではiPad Proに搭載したのと同じM1を搭載し、冷却用ファンなどを小型化して本体の厚さを11.5ミリメートルにまで薄型化した。

画面サイズは24インチで、価格は1299ドルから。日本での価格は15万4800円から。従来モデルはシルバーを基調としていたが、新モデルでは緑や黄、オレンジ、ピンク、紫、青、シルバーを基調とする7色をそろえ、消費者が好みに応じて選べるようにした。

アップルは同日のイベントでスマホの最新機種「iPhone 12」と「同mini」に新色となる紫を追加すると発表した。従来モデルと合わせて計6色となる。テレビにつないで同社の動画配信サービスなどを視聴できるセットトップボックス「Apple TV 4K」の新機種を5月に発売することも発表した。価格は179ドルから。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン