/

米大統領、中国のハッカー攻撃「調査を継続」

バイデン米大統領は対中包囲網の構築を急いでいる=ロイター

【ワシントン=永沢毅】バイデン米大統領は19日、中国によるサイバー攻撃について「何が起きたのかまだ調べているところだ。調査はまだ終わっていない」と述べ、中国政府の関与などについて調査を継続していると強調した。進展を踏まえてどのような対抗措置をとるか判断するとみられる。ホワイトハウスで記者団の質問に答えた。

米国務省のプライス報道官は記者会見で「中国政府の責任を問うために追加的な行動を排除していない」と述べた。制裁などを念頭に対抗措置をとる可能性に含みをもたせた。

米国や欧州、日本の各国政府と機関は19日に中国政府とつながるハッカーが世界でランサムウエア(身代金要求型ウイルス)などを用いて攻撃を繰り返し、政府や企業の脅威になっているとして非難した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン