/

バイデン氏、韓国へ出発 米高官「対北朝鮮で圧力継続」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=中村亮】バイデン米大統領は19日、大統領専用機で韓国に向けて出発した。サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は機内で記者団に対し「北朝鮮が対話を拒む限りは圧力をかける路線を続ける」と語った。日韓防衛への関与を強調した。

バイデン氏は21日、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領との首脳会談に臨み、22日には東京へ移動する。2021年1月の大統領就任から外遊は4回目で、アジア訪問は初めて。過去3回はいずれも欧州だった。

サリバン氏は日韓訪問中に北朝鮮が核実験をしたり、ミサイルを発射したりする可能性があると重ねて懸念を表明した。「北朝鮮のさらなる挑発行為は米韓や日韓、日米韓の協力を強めるだけだ」と述べた。「いかなる脅威や攻撃にも断固とした措置を講じる」とも断言した。

朝鮮半島の非核化をめぐり「北朝鮮に手段を講じる用意があれば我々も手段を講じる用意がある」と話した。北朝鮮が非核化に向けた措置を取れば、米国も経済制裁緩和などの措置を講じる考えを示すものだ。複数のルートを使って北朝鮮と接触を図っているが、北朝鮮は対話に前向きな姿勢を引き続き見せていないという。

サリバン氏は北朝鮮政策について中国とも意思疎通を図っていると説明した。中国が影響力を使って北朝鮮の挑発行為を制止すべきだと訴えているとみられる。「バイデン氏と習近平(シー・ジンピン)国家主席が数週間内に話すことになったとしても驚かない」とも語った。

サリバン氏は18日に中国外交担当トップの楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員と電話し、北朝鮮問題について議論していた。

23日の日米首脳会談では、軍拡を続ける中国の抑止が主要テーマとなる見通しだ。バイデン氏はアジアとの経済関係の強化に向けて「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」を立ち上げる。

バイデン米大統領来日

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン氏来日

岸田文雄首相との日米首脳会談や日米豪印による「Quad(クアッド)」首脳会議、来日前の尹錫悦(ユン・ソンニョル)韓国大統領との会談などに関する最新のニュースと解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン