/

この記事は会員限定です

バイデン政権、異例のSNS批判 接種停滞でいら立ち

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=野村優子】新型コロナウイルスのワクチンに関する誤った情報の拡散を巡り、米政権がSNS(交流サイト)を運営するネット企業への批判を強めている。誤情報の拡散を許すことが、ワクチン普及の遅れにつながっているとの見方だ。ワクチン「拒否層」への接種が進まず、成人の接種率7割の目標が依然として未達となるなか、バイデン大統領のいら立ちがあらわとなっている。

「人々を殺している」。バイデン氏は16...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン