/

FRB議長、投資信託5億円超を売却か 米報道

(更新)

【ワシントン=大越匡洋】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が2020年10月、保有する株式投資信託を最大500万ドル(約5億7000万円)売却していたと米政治専門メディア「アメリカン・プロスペクト」が19日までに報じた。22年2月に任期が切れるパウエル議長の再任問題へも影響がおよぶ可能性がある。

FRBの倫理規定は米連邦公開市場委員会(FOMC)直前や開催中の金融取引を禁じるといったルールを定めている。報道によると、パウエル氏の投資信託が売却されたのは20年10月1日とされ、禁止期間には該当していないもようだ。新型コロナウイルスの追加経済対策をめぐる調整が難航していた時期にあたる。

トランプ前大統領の指名で18年2月に就任したパウエル議長の任期満了が近づき、バイデン政権は次期議長の指名案を詰めている。再任を求める声は与野党に幅広くあるものの、民主党急進左派の代表格、エリザベス・ウォーレン上院議員はパウエル氏が金融規制に甘いとして再選を支持しないと明言している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン