/

この記事は会員限定です

シュレーダー氏の特権剝奪 親ロシアの独元首相に批判

[有料会員限定]

【ベルリン=共同】ドイツ連邦議会(下院)の予算委員会は19日、シュレーダー元首相から議会内の事務所を使用する権利を剝奪すると決めた。シュレーダー氏はロシアのプーチン大統領と親しく、ウクライナ侵攻後もロシアの複数のエネルギー企業幹部にとどまったままで、国内外で批判が高まっていた。

現政権与党の社会民主党(SPD)のシュレーダー氏は1998~2005年に首相を務めた。退任後はロシア産天然ガスをドイツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン