/

日米韓、北朝鮮情勢の緊張緩和へ連携

【ワシントン=中村亮】日米韓3カ国の高官は19日、米ワシントンで会談した。北朝鮮がミサイル発射を繰り返していることを踏まえて対応を協議した。米国務省によると、緊張緩和に向けて連携し、朝鮮半島の非核化を目指す方針を確認した。

米国務省のソン・キム北朝鮮担当特使、日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長、韓国外務省の魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長が参加した。キム氏は、北朝鮮が19日に行った弾道ミサイルの発射について強く非難した。日本も非難し、韓国は懸念を示したという。

サキ米大統領報道官は19日の記者会見で、北朝鮮のミサイル発射について「対話と外交が急務であることを示す」と指摘した。「我々は前提条件をつけずにどこでもいつでも会談すると提案している」と述べ、北朝鮮に対話を改めて呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン