/

GM、自動運転でマイクロソフトと提携 クラウド活用

(更新)
GMは自動運転車の開発を加速する=AP

【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・モーターズ(GM)は19日、自動運転技術で米マイクロソフトと提携すると発表した。自動輸送システムの開発にマイクロソフトのクラウド技術を活用する。マイクロソフトはGMやホンダなど既存の株主と共同で、GMの自動運転子会社クルーズに総額20億ドル(約2080億円)超を出資する。

GMはマイクロソフトと提携し、自動運転技術を用いたロボットタクシーや貨物の自動輸送システムの開発・管理に同社のクラウド基盤「アズール」を活用する。マイクロソフトなどの新規出資によりクルーズの企業価値は約300億ドルになるという。ホンダは20億ドルの出資総額のうち6500万ドルを拠出するが、その他の出資者や内訳は明らかにしていない。GMは引き続きクルーズの株式の過半数を保有する。

マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「デジタル技術の進歩により人とモノの輸送は再定義されている。クラウド技術によって自動輸送を主流にする」とコメントした。GMのメアリー・バーラCEOは「マイクロソフトと連携して全電動の自動運転車の開発を加速する」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン