/

米メーシーズ、全店でトイザラス展開へ 玩具販売強化

【ニューヨーク=河内真帆】米百貨店最大手メーシーズは19日、ブランド管理会社WHPグローバルと提携し、WHP傘下の玩具小売り大手トイザラスと玩具販売に乗り出すと発表した。メーシーズの販売サイトにトイザラスのページを設ける。2022年には全米400カ所のメーシーズ店内にトイザラスの売り場を開設する。

メーシーズのジェフ・ジェネット最高経営責任者(CEO)は同日の決算説明会で、「玩具はメーシーズ店舗での売れ筋商品だが、トイザラスの認知度はさらに売り上げを押し上げる力がある」と言及した。玩具販売の強化で若い顧客層や家族連れの来店増を見込む。契約期限や金額は明らかにしていない。

トイザラスは17年9月に経営破綻し、18年には米国内の700超にのぼる全店を閉鎖した。19年にトイザラスの元経営幹部が新設したブランド管理会社が買収し、2店舗を再開したが21年に再閉鎖に追い込まれた。現在はWHPの下でネット通販の運営を続けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン