/

この記事は会員限定です

下がりにくい米国株、貪欲マネーは新興国へ(NY特急便)

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

米国株の底堅さが際立っている。19日の株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落したが、下げ幅は限定的だった。景気回復など「良いニュース」を織り込んだ水準とみられている一方、買い場となる調整局面はやってこない。しびれを切らした貪欲マネーは米国外に活路を見いだしている。

「小売売上高の高い伸び、企業の好決算など良いニュースばかりだが、実に退屈なマーケットだ」。米運用会社ナベリアの最高投資責任...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン