/

この記事は会員限定です

米前駐日大使、日本に外交的ボイコット促す 北京五輪で

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米国のウィリアム・ハガティ上院議員(前駐日大使)は18日、2022年2月の北京冬季五輪に外交使節団を派遣しない「外交的ボイコット」を日本に促した。台湾への軍事支援を強化する法案を推進し、中国に強硬姿勢を明確に打ち出すと強調した。

日本経済新聞のインタビューで語った。共和党所属のハガティ氏はトランプ前政権下の2019年7月まで約2年間にわたり駐日大使を務めた。20年11月に南部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン