/

この記事は会員限定です

米中間選挙占う州知事選、共和追い上げ接戦 バージニア

11月2日投開票 バイデン政権の実行力に影響

[有料会員限定]

【ワシントン=坂口幸裕】2022年の米中間選挙を占う前哨戦となる米南部バージニア州知事選で、11月2日の投開票を前に民主・共和両党の候補が激しく競り合っている。民主党候補の勝利が続いている同州知事選は、翌年の中間選挙に大きな影響を与えてきた。勝敗の行方は今後のバイデン政権の政策実行力にも直結する。

「私が勝てなかったら(24年の大統領選に)トランプが戻ってくるだろう」。民主党候補のテリー・マコーリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン