/

この記事は会員限定です

コロンビア大統領選、僅差の争い 開票開始

(更新) [有料会員限定]

【ボゴタ=宮本英威】南米コロンビアで19日、大統領選の決選投票の開票が始まった。左派のグスタボ・ペトロ元ボゴタ市長(62)と実業家で独立系のロドルフォ・エルナンデス氏(77)が大接戦を繰り広げている。即日開票で同日夜(日本時間20日午前)には大勢が判明する見通しだが、僅差の争いになる可能性が高い。

選挙管理委員会によると、開票率約89%の時点で、ペトロ氏の得票率は50.88%、エルナンデス氏は4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン