/

米中会談、冒頭発言で1時間衝突 人権問題巡り

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

米国と中国の外交トップの直接会談は初日の18日、深刻な対立関係を象徴するかのような激しい応酬を繰り広げた。対中包囲網づくりを急ぐ民主主義の盟主・米国と、新型コロナウイルスの封じ込めなどで強権路線に自信をみせる中国。覇権を争う2大国の協議は波乱の幕開けとなった。

18日、ブリンケン国務長官が日韓歴訪から帰国する経由地のはずだった米アラスカ州アンカレジに、中国の外交を統括する楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員らがわざわざ出向いた。

「ルールに基づく秩序を脅かしている」。ホテルの一室で対面したブリンケン氏が中国による少数民族ウイグル族への弾圧や香港・台湾への威嚇などをあげて懸念を伝えると、楊氏は「内政干渉には断固として反対する」「米国民の多くは民主主義への信頼を失っている」などと20分近くも反論を続けた。

米メディアによると、双方は報道陣に公開する冒頭発言を1人2分ずつにすると事前に申し合わせていたという。米政府高官は楊氏の発言はこれに違反しており「芝居のようなスタンドプレーだ」と指摘した。中国外務省は「米国側の冒頭発言が予定時間を超えており、中国の内外政策を不当に攻撃したため厳正に対処した」と主張する。

ブリンケン氏は退出しようとした報道陣を呼び止め、猛然と再反論した。楊氏が米国での黒人差別の改善を求めたのに対して「米国は問題を無視したり、存在しないかのように振る舞ったりはしない」と応じ、ウイグル族などの人権弾圧を認めない中国をあげつらった。すると今度は楊氏が報道陣にとどまるよう求めて再び言い返し、冒頭発言だけで1時間超に及ぶ異例の展開となった。

中国の強硬姿勢はなぜか。中国専門家のゴードン・チャン氏は「習近平(シー・ジンピン)指導部は米国に譲歩すると、国内での自らの統治力を弱めかねないと懸念している」と指摘する。今年7月に中国共産党の創立100年、2022年秋に5年に1度の共産党大会を控え、中国は権力闘争の季節に入る。権力基盤を固めて政治イベントを乗り切りたい思惑が透ける。

中国は人口で米国の4倍超だが、公表した新型コロナの死者数は米国の1%に満たず、28年には世界最大の経済大国になるとの予測もある。「中国人民は習氏を核心とする中国共産党のもとに集結している」。楊氏はこう宣言し、共産党体制の優位性に自信をみせた。

米国は今回の協議を経済、安全保障、人権などの懸案について中国側の姿勢を見極め、対中戦略に役立てる機会と位置づける。バイデン政権は気候変動や北朝鮮問題での協力の可能性も排除しないが、これらの合意を優先して安保や人権を軽んじれば野党・共和党から「弱腰」批判を受けるリスクを抱える。

「習氏は米中のパワーバランスが中国側に有利になりつつあると考えている」(チャン氏)。一方で米国内には中国の対応は想定内との見方も多い。米高官は協議前、今回の激しい対立を予想していたかのように、共同文書をとりまとめる予定はないと述べた。

国務省は米中高官協議が近づいた16日に香港の自治侵害に関与した人物リストに中国と香港の当局者ら24人を加え、妥協しない姿勢をわざわざ強調した。対中制裁関税も維持する構えを崩さない。19日まで2日間の協議は早くも熱を帯びる。

(ワシントン=永沢毅、北京=羽田野主)

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン