/

この記事は会員限定です

ケリー米特使、ガス火力への公的融資「CO2回収条件に」

(更新) [有料会員限定]

【シアトル=花房良祐】ケリー米大統領特使(気候変動問題担当)は18日、世界で増設が検討されている天然ガス火力発電について、公的融資をする場合には二酸化炭素(CO2)の回収・貯留設備の併設を条件にすべきだとの考えを示した。脱炭素に向け、ガス火力発電への支援を条件付きながら容認した。

米西部ワシントン州シアトルで開催された気候変動対策の投資会議「ブレークスルーエナジー・サミット」で、日本経済新聞など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

COP27

11月に「第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議」(COP27)がエジプトで開催されます。どのような議題で議論がなされ、どういう合意がなされるかが注目されます。最新のニュースと解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません