/

Netflix、会員2億人突破 10~12月の売上高2割増

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ネットフリックスの会員数は2020年末までに2億人を突破した

【シリコンバレー=佐藤浩実】米動画配信大手のネットフリックスが19日発表した2020年10〜12月期決算は、売上高が前年同期比22%増の66億4444万ドル(約6900億円)となり過去最高を更新した。純利益は同8%減の5億4215万ドル。20年末時点の有料会員数は2億366万人に達し、配信事業を始めて約13年で2億人を突破した。

10~12月期はチェスを題材にしたドラマ「クイーンズ・ギャンビット」などが会員拡大に寄与した。同作品は配信から4週間で6200万世帯が視聴し、チェスブームを起こした。世界的な新型コロナウイルス感染の再拡大も、利用者の解約抑制につながったようだ。会員数は前の四半期と比べて851万人(4%)増えた。

10月に配信したドラマ「クイーンズ・ギャンビット」はチェスブームを起こした=ネットフリックス提供

ネットフリックスは広告のない動画配信サービスを手掛け、会員が毎月払う利用料が収益基盤となる。そのため、会員数の動向が成長力を測る指標になる。

20年通期の会員の純増数は3657万人で、19年(2783万人)や18年(2861万人)を上回った。コロナによる「巣ごもり」の影響で、とりわけ年前半の伸びが顕著だった。ネットフリックスの会員は17年7~9月期に1億人に達しており、そこから3年あまりで2倍に増えた格好だ。

背景にはコロナと米国外での事業拡大の重なりがある。12月末時点の地域別の会員数は米国・カナダ(UCAN)が7394万人(9月末比で86万人増)に対し、欧州・中東・アフリカ(EMEA)の会員は6670万人(同446万人増)、日本を含むアジアは2549万人(同199万人増)だった。12月には日本で制作したドラマ「今際(いまわ)の国のアリス」を配信するなど、アジア圏の作品を強化している。

特別項目を除くフリーキャッシュフロー(純現金収支)は10~12月期に2億8407万ドルの赤字だった。コロナで停滞していた制作活動の正常化に伴い、4四半期ぶりのマイナスとなった。21年は通年で「ほぼトントンになる」(同社)とみており、ネットフリックスは「日々の事業活動のための資金調達はもはや必要ない」と説明した。

ネットフリックスは2021年1~3月期について、売上高が24%増の71億2900万ドル、会員の純増数が600万人規模になると見ている。21年に70本の映画を公開し、新たな会員獲得につなげる狙いだ。米ウォルト・ディズニーなどとの競争については株主への手紙で「(会員数が8700万人に達した)『ディズニープラス』の初年度はすさまじく、一方で我々も過去最大の会員数の伸びを記録した」と指摘した。

一方で、1月には米国で人気コメディー番組「ジ・オフィス」の配信契約が終了した。コンテンツ投資に充てるために米国やカナダなどで20年秋から月1〜2ドルの値上げを実施しており、コロナの収束に伴って利用者が離れる懸念はある。

19日の決算発表に伴い、同社の株価は終値を10%超上回って推移している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン