/

この記事は会員限定です

ダドリーNY連銀前総裁「米経済、家計・企業に余力」

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が続投する方向になり、金融施策の正常化をどのようなペースで進めるかに市場の関心が集まっている。新型コロナウイルスの変異型が経済に与える影響も警戒されている。ニューヨーク連銀前総裁のビル・ダドリー氏は日本経済新聞のインタビューで、米景気の回復が進みFRBが2022年6月に見込まれる量的緩和の縮小(テーパリング)完了後すぐに利上げを始め、最終的に政策金利を3~4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2552文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン