/

キューバ、海外観光客の隔離義務廃止 受け入れ空港拡大

【メキシコシティ=清水孝輔】キューバ政府は19日、新型コロナウイルスで制限していた海外からの渡航者受け入れを11月から全面的に再開すると発表した。入国する海外観光客の隔離義務を廃止し、渡航を受け入れる国際空港も現在の3カ所から10カ所に増やす。キューバはコロナで観光関連産業が大きな打撃を受けており、規制の緩和で経済回復をめざす。

受け入れは段階的に再開する。まずは11月7日に海外からの観光客に対する隔離義務を廃止する。従来は主要リゾート地を訪れるツアー観光客には到着時にPCR検査を受ければ隔離を免除していたが、個人観光客には最大14泊15日の自己隔離を課していた。

11月15日には渡航できる国際空港を10カ所に広げる。現在はリゾート地のカヨココとバラデロ、首都ハバナ市の3カ所の空港に限られている。キューバ東部の中心都市、サンティアゴ・デ・クーバなど7カ所にある他の国際空港でも旅行者を受け入れ、国際線の航空便の本数も大幅に増やす。

キューバへの渡航者には、コロナワクチンの接種証明か72時間以内のPCR検査の陰性証明の提示を義務づける。12歳未満はいずれも免除される。キューバ国内に滞在中はマスクの着用が必要になる。

キューバはコロナ感染の影響で、21年1~8月に海外からの訪問者が約16万人と19年の同時期の20分の1に減った。キューバ政府は観光産業の再開をめざし、自国で開発したコロナワクチンの接種を進めてきた。キューバ政府によると、11月15日時点では国民の9割以上がワクチンを接種している見通しだという。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン