/

米投資会社アポロ、Twitter買収参画を検討 WSJ報道

【ニューヨーク=宮本岳則】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版、WSJ)は18日、米大手投資会社アポロ・グローバル・マネジメントが米ツイッター買収への参画を検討していると報じた。米著名起業家イーロン・マスク氏の買収提案に加わる可能性もあるという。

マスク氏は4日に約9%分のツイッター株を取得したと表明し、13日には残る90%超を1株あたり54ドル20セントで購入すると提案した。買収費用は約400億ドル(約5兆円)にのぼる。ツイッター買収にはマスク氏のほか、米大手投資会社トーマ・ブラボーも関心を示していると伝えられている。

WSJによるとアポロ・グローバルはマスク氏やトーマ・ブラボー、他の買収者に融資を提供したり、共同出資者として提案に加わったりすることを検討している。日本経済新聞はアポロからコメントを得られていない。

ツイッターの取締役会は15日、敵対的勢力による企業買収を防ぐためのポイズンピル(毒薬条項)導入を全会一致で採択した。WSJによると数日内にマスク氏の買収提案を拒否する見通しという。マスク氏の出方次第では今後、敵対的買収に発展したり、ツイッター側が別の友好的な買収者をホワイトナイト(白馬の騎士)として連れてきたりする可能性がある。

アポロ・グローバルは米大手投資会社の一角を占め、運用資産総額は2021年12月末時点で4980億ドルだった。21年9月には米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズから、ネットメディアの「ヤフー」事業を買収した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン