/

この記事は会員限定です

米独禁当局、M&Aの監視強化へ デジタルに照準

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成、シリコンバレー=奥平和行】バイデン米政権が企業のM&A(合併・買収)への監視を強めている。IT(情報技術)企業の巨大化が進むなか、デジタル時代に合わせてM&Aの審査基準を見直すと表明した。競争が乏しくなることで利用者らに不利益をもたらすのを防ぐ狙いだが、産業の成長をそぐリスクもある。

反トラスト法(独占禁止法)を所管する米連邦取引委員会(FTC)と、米司法省がM&

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1007文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン