/

この記事は会員限定です

三菱UFJ、米拠点の8割超を軽量店舗に 現法CEOに聞く

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の米国現地法人のケビン・クローニン最高経営責任者(CEO)が日本経済新聞の取材に対し、西海岸を地盤とする傘下の地銀、MUFGユニオンバンクの店舗再編を進める方針を明らかにした。今後数年かけ、米国内の約300店のうち8割超の店舗は機能を絞った軽量店とし、旗艦店の周辺部に配置することで運営コストを抑制する。

米国ではインターネット取引の増加などを背景に銀行の店舗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン