/

Apple、iPad Pro納期に遅れ ディスプレー量産が難航か

アップルは「iPad Pro」の新モデルを5月後半に発売すると表明していた

【シリコンバレー=白石武志】米ブルームバーグ通信は18日までに、米アップルのタブレット端末「iPad Pro」の最上位モデルの生産が遅れていると報じた。「ミニLED」と呼ぶ新たなディスプレーの量産が難航しているためで、5月後半としていた購入者への引き渡し開始が7月にずれ込む可能性があるとしている。

アップルは4月に開いたイベントで画面が11インチと12.9インチの2種類のiPad Proの新モデルを5月後半に発売すると発表した。このうちミニLEDを採用した12.9インチモデルで部品供給の制約が生じているとみられ、アップルの米国の予約注文サイトにおける現在の納期は6月下旬から7月中旬と表示されている。

ミニLEDは液晶ディスプレーの背後に多数のLED(発光ダイオード)を並べて細かく輝度を調整する技術で、アップルはiPad Proの12.9インチモデルで初めて採用した。ブルームバーグは関連するサプライヤー関係者の話として、製造技術が複雑で大量生産が難航しているとしている。

アップルのルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は4月28日に開いた2021年1~3月期決算説明会で、半導体などの部品供給の制約に伴い21年4~6月に「30億~40億ドル(約3200億~約4300億円)の減収につながる可能性がある」との見通しを示していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン