/

米大使館、キーウで業務を再開 ウクライナ支援継続

【ワシントン=共同】ブリンケン米国務長官は18日、ロシアによるウクライナ侵攻で業務を停止していた首都キーウ(キエフ)の米国大使館の業務を再開したとの声明を発表した。ウクライナ支援を継続する考えを示し、大使館から任務を遂行するとした。

ブリンケン氏は声明で、ウクライナが自国を守った結果として「再び星条旗が大使館の上に掲げられている」と指摘。ロシア軍について、ウクライナに毎日「死と破壊」を与えていると非難すると同時に「われわれは今後の課題に立ち向かう」と強調した。

米国は、侵攻前の2月中旬に大使館機能を西部リビウに一時移転させ、同下旬の侵攻直前に外交官を隣国ポーランドへ退避させた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン