/

NY州地裁、トランプ氏らの召喚命じる 民事詐欺案件

【ニューヨーク=共同】米東部ニューヨーク州の州地裁は17日、トランプ前大統領の関連企業が自社の資産価値を偽ったとする民事の詐欺案件に絡み、トランプ氏と長男ジュニア氏、長女イバンカ氏の3人について召喚と宣誓供述を命じる判断を下した。米メディアが伝えた。

召喚は同州のジェームズ司法長官が求めていた。トランプ氏側は召喚請求の棄却を申し立てていた。トランプ氏らは3週間以内に宣誓供述に応じなければならないが、州地裁の判断を不服として控訴するとみられる。

問題となっているのはトランプ氏一族が経営する複合企業トランプ・オーガニゼーション。融資や税制優遇を受けやすくするため、自社所有のビルなど不動産の資産価値を偽った疑いがもたれている。

トランプ・オーガニゼーションの不正疑惑を巡っては、ニューヨーク州検察当局が刑事事件としても捜査を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン