/

米、コロナで平均寿命1歳短く 1943年以来のマイナス幅

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
米国人の平均寿命は20年前半、新型コロナの影響で1歳短くなった=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米疾病対策センター(CDC)は18日、米国の平均寿命が2020年1~6月、前年に比べて1歳短くなったとのデータを公表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、死者が増えたのが要因という。前年比のマイナス幅は、第2次世界大戦中の1943年以来の大きさとなった。

CDCによると、20年1~6月の平均寿命は77.8歳。19年通年の78.8歳から1歳短くなり、2006年以来の低水準となった。前年に比べて1歳以上短くなったのは、第2次世界大戦の影響で死者が増えた1943年以来、77年ぶりとなる。同年の平均寿命は、前年よりも2.9歳短い63.3歳だった。

新型コロナによって死者が急増したことが要因だ。米ジョンズ・ホプキンス大によると、米国の新型コロナによる死者数は18日時点で49万人を超え、世界最多となる。同大は20年の米国人の死因で3番目に多いのが新型コロナと指摘している。20年の米国の全体の死者数は初めて300万人を超える見通しだ。

改善しつつあった人種による平均寿命の格差も、再び開いた。白人の平均寿命が20年1~6月に前年から0.8歳短くなったのに対して、ヒスパニック系が1.9歳、黒人は2.7歳短くなった。新型コロナの感染率は、黒人やヒスパニック系の方が高いことが問題視されている。CDCによると、白人と比べた黒人の感染者は1.1倍、死者は1.9倍にのぼるという。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン