/

この記事は会員限定です

米緩和の縮小開始、「9月決定」視界に 夏の雇用が関門 

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=大越匡洋】米連邦準備理事会(FRB)が9月の次回米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小の開始を決める筋書きが視界に入ってきた。7月の会合で「年内開始が適当」との見解が大勢を占め、9月決定を促す声がFRB内で相次ぐ。景気の先行きに懸念が広がるなか、夏の雇用回復が9月決定の最低条件となる。

「7、8月の雇用統計が6月のように強ければ、必要な進展を遂げたと考える。9月までに発表する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン